ケンブリッジ英検のレベル【ケンブリッジ英検概要】

◆ ケンブリッジ英検の概要


目次

1. そもそもケンブリッジ英検とは?

2. ケンブリッジ英検のレベル  ←この記事

3. ケンブリッジ英検の評価方法


ーーーーー


この記事では「2. ケンブリッジ英検のレベル」について書いています。


ーーーーー

2.ケンブリッジ英検のレベル

 ケンブリッジ英検は5つのレベルによって試験が分けられています。

 Cmabridge Assesement EnglishのHP: http://www.cambridgeenglish.org/jp/exams-and-tests/cambridge-english-scale/

◆◆5つの試験のレベル一覧◆◆

大まかに説明すると、以下のようになります。

FCE:ビジネスで英語の運用能力があると認められる

  CAE:英語圏の大学院に入学できる英語能力があると認められる(※3)

  CPE:ネイティブ並みに英語を使用することができるとされる

 イギリスの語学学校の先生から聞いたのですが、ケンブリッジ英検のレベルの実感としては次のことを言っていました。


  FCE:勉強すれば大体の人が合格できる。

  CAE:FCEとCAEの間には高い壁があってFCEに合格してから相当勉強しないとCAE合格はできない。イギリスに十何年在住している非ネイティブの人でもCAEには苦労する。

  CPE:ネイティブでも勉強しないと落ちる人がいる。合格する人はスーパーマン・スーパーウーマン。

(※1)CEFRとは、ヨーロッパ共通参照枠(The Common European Framework of Reference for Languages )のことです。これは、言語能力を評価する国際指標で、EUにケンブリッジ大学英語検定機構が協力して、ヨーロッパ共通で使えるよう考案された言語教育と評価の方法のガイドラインとなっています。日本でも、例えば、NHKの語学番組でレベルを表示するのに使われています。詳しくはケンブリッジ英検の公式サイトをご参照ください。

​日本語:http://cambridgecentre.jp/exams/cefr/

英語:http://www.cambridgeenglish.org/exams-and-tests/cefr/


(※2)Scale scoreとは、2015年にケンブリッジ英検が導入した測定方法で、より詳細な評価が分かるようになっています。


​英語:http://www.cambridgeenglish.org/exams-and-tests/cambridge-english-scale/

(※3)厳密に言うと、大学やコースによって入学に必要とされるケンブリッジ英検のレベルや成績は異なります。​

・・・・・・・・・・

【ケンブリッジ英検概要】関連記事

そもそもケンブリッジ英検とは? ←ケンブリッジ英検の一般情報。

ケンブリッジ英検の評価方法 ←ケンブリッジ英検はどうやって受験生を評価するのか。

・・・・・・・・・・

​Contact

​このサイトの文章・画像などのコンテンツの無断転載・無断使用は固くお断りします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

  • Twitterの社会のアイコン